情報セキュリティ管理 (全29問中19問目)

No.19

完全性を脅かす攻撃はどれか。
  • Webページの改ざん
  • システム内に保管されているデータの不正コピー
  • システムの過負荷状態をねらうDoS攻撃
  • 通信内容の盗聴
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H21秋期 問40
  • 応用情報技術者 H24秋期 問40
  • 基本情報技術者 H26春期 問39
  • 基本情報技術者 H28秋期 問37

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ管理

正解

解説

完全性(Integrity)とは、情報セキュリティマネジメントの概念の一要素で、情報に矛盾がなく完全で、改ざん・破壊されていない特性を示します。
情報セキュリティマネジメントでは、完全性に機密性(Confidentiality)と可用性(Availability)を加えた三要素を保つべき特性としています。この設問では各選択肢ごとに「どの要素を脅かすものなのか」に分類できます。
  • 正しい。改ざんによる情報の破壊は完全性を低下させます。
  • 機密性を脅かす攻撃です。
  • 可用性を脅かす攻撃です。
  • 機密性を脅かす攻撃です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop