ソフトウェア方式設計・詳細設計 (全50問中13問目)

No.13

設計上の誤りを早期に発見することを目的として,作成者と複数の関係者が設計書をレビューする方法はどれか。
  • ウォークスルー
  • 机上デバッグ
  • トップダウンテスト
  • 並行シミュレーション
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H13春期 問50
  • 基本情報技術者 H18春期 問43
  • 基本情報技術者 H23特別 問47

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア方式設計・詳細設計

正解

解説

ウォークスルーは、開発者が主体となりエラーの早期発見を目的として設計書やプログラムに誤りがないかを確認するレビュー手法です。
開発メンバで実施されることが多く、原則的に管理者には参加させないという特徴があります。
  • 正しい。
  • 机上デバッグは、紙面に印刷したソースコードを見ながら人力で誤りを探し取り除く手法です。
  • トップダウンテストは、結合テストのときに上位のモジュールから下位のモジュールへと順に結合しながらテストをしていく手法です。
  • 並行シミュレーションは、別途用意したテスト用のプログラムと検証対象のプログラムに同じデータを入力して出力値を比較する手法です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop