ソフトウェア方式設計・詳細設計 (全51問中5問目)

No.5

汎化の適切な例はどれか。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H15春期 問48

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア方式設計・詳細設計

正解

解説

オブジェクト指向において親クラスと子クラスの関係には、is-a(汎化−特化)関係と、part-of(集約−分解)関係があります。
is-a(汎化−特化)関係
「動物−犬」や「家電−テレビ」などのように「…は、○○である」で表される関係。
part-of(集約−分解)関係
「コンピュータ−CPU」や「自転車−サドル」などのように「…は、○○の一部である」で表される関係。
これを踏まえると以下のよう判断できます。
  • 正しい。汎化−特化関係です。
  • 集約−分解関係なので誤りです。
  • クラスと、そのクラスが有する手続きなので誤りです。
  • クラスと、そのクラスが有する属性なので誤りです。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop