ソフトウェア構築 (全29問中10問目)

No.10

ブラックボックステストのテストデータの作成方法として,最も適切なものはどれか。
  • 稼動中のシステムから実データを無作為に抽出し,テストデータを作成する。
  • 機能仕様から同値クラスや限界値を識別し,テストデータを作成する。
  • 業務で発生するデータの発生頻度を分析し,テストデータを作成する。
  • プログラムの流れ図から,分岐条件に基づいたテストデータを作成する。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H26秋期 問47
  • ソフトウェア開発技術者 H18春期 問44

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア構築

正解

解説

ブラックボックステストは、システムへの入力とそれに対して得られる出力だけに着目して、様々な入力に対して仕様書どおりの出力が得られるかどうかを検証していくテストで、「同値分割」「限界値分析」「原因−結果グラフ」「エラー推測」などの手法があります。
システムの内部構造が明らかでない状態で検証を行うことからブラックボックステストと呼ばれています。
  • 有効なデータが正しく処理されるだけでなく、無効なデータがエラーとして処理されるかも検証しなくてはなりません。
  • 正しい。有効データと無効データそれぞれに対して正しい出力が得られるかを検証できるテストデータである必要があります。
  • ブラックボックステストでは、発生頻度ではなく入力データの範囲を分析してテストデータを作成します。
  • ブラックボックステストではプログラムの内部構造に着目しません。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop