開発プロセス・手法 (全47問中21問目)

No.21

エクストリームプログラミング(XP)におけるリファクタリングの説明はどれか。
  • 外部から見た動作を変えずにプログラムをより良く作り直すこと
  • コーチがチームメンバの意識を高めること
  • プログラミングとテストを繰り返し行うこと
  • プログラムを作成するよりも先にテストケースを考えること
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H27秋期 問49

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

リファクタリング(Refactoring)は、外部から見たときのソフトウェアの機能や振る舞いを変えずに、ソフトウェアの内部構造を変えることをいいます。ソースコードの品質を良くし、高効率化や保守性向上を図ることを目的として行われます。
完成済みのコードであっても随時改善することが、XPのプラクティス(実施項目)として挙げられています。
  • 正しい。リファクタリングの説明です。
  • 援護の説明です。
  • 継続的インテグレーションの説明です。
  • テスト駆動開発の説明です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop