開発プロセス・手法 (全47問中42問目)

No.42

最初にシステム全体の要求定義を行い,要求された機能を幾つかに分割して段階的にリリースするので,全ての機能がそろってなくても,最初のリリースからシステムの動作を確認することができるプロセスモデルはどれか。
  • インクリメンタルモデル
  • ウォータフォールモデル
  • エボリューショナルモデル
  • スパイラルモデル

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

  • 正しい。インクリメンタルモデルは、初めにシステム全体の要件定義を行い、要求された機能を幾つかのサブシステムに分割した後、コアとなる部分を優先的に完成させ、以降は設計〜テストを繰り返して追加機能を順次リリースしていく開発モデルです。
    38.gif/image-size:444×82
  • ウォータフォールモデルは、開発工程を設計、実装、テストなどに分け、前の工程が完了してから、その成果物を使って次の工程を行う開発モデルです。
  • エボリューショナルモデルは、複雑なソフトウェアを全部最初から作成しようとするのではなく、簡単な部分から分析、設計、実装、テストを繰り返し行い、徐々に拡大していく開発モデルです。
  • スパイラルモデルは、システム全体を幾つかに分割し、その分割されたシステムごとにウォータフォールモデルを繰り返して機能を追加していく成長型(進化型)の開発モデルです。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop