開発プロセス・手法 (全45問中6問目)

No.6

アジャイル開発のプラクティスのうち,回帰テストを行うことを前提とするものはどれか。
  • 日次ミーティング
  • ふりかえり
  • ペアプログラミング
  • リファクタリング

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

リファクタリング(Refactoring)は、外部から見たときのソフトウェアの機能や振る舞いを変えずに、ソフトウェアの内部構造を変えることをいいます。ソースコードの品質を良くし、高効率化や保守性向上を目的として行われます。
リファクタリング後にはシステムの内部構造が以前と変わります。このため修正部分がほかの機能に悪影響を及ぼしていないかどうかを検証しなくてはなりません。回帰テストは、システムに変更作業を実施した場合に、それによって以前まで正常に機能していた部分に不具合や影響が出ていないかを検証するテストです。

したがって「エ」が適切です。
  • 日次ミーティングは、問題が拡大したり、状況が悪化したりするのを避けるために、毎日決めた時刻にチームメンバが集まって開発の状況を共有する活動です。
  • ふりかえりは、イテレーション終了毎にその活動や状況についてチームメンバ間で話し合い、次の活動への施策を考える活動です。
  • ペアプログラミングは、2人1組で1つのプログラムの実装を行い、1人が実際のコードをコンピュータに打ち込み、もう1人はそれをチェックしながら補佐するという役割を随時交代しながら作業を進めていく手法です。
  • 正しい。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop