ビジネス戦略と目標・評価 (全15問中13問目)

No.13

営業部門で設定するKPI(Key Performance Indicator)とKGI(Key Goal Indicator)の適切な組合せはどれか。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H26春期 問69
  • 応用情報技術者 H29秋期 問67

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » ビジネス戦略と目標・評価

正解

解説

KPIとKGIの意味については次の通りです。
KPI(Key Performance Indicator,重要業績評価指標)
企業目標やビジネス戦略を実現するために、設定したビジネスプロセスの実施状況をモニタリングするために設定される指標
KGI(Key Goal Indicator,重要目標達成指標)
企業目標やビジネス戦略の遂行によって達成すべき到達目標(Goal)を測定可能な数値で表したもの
経営戦略においては、まず達成すべき「目標」を設定し、次に目標を達成するための「手段」を定めます。そして、その手段が計画通りに実施されているかどうかを定量的に測定できる「指標」を設定し、目標達成まで定期的なモニタリングを続けます。
このプロセスにおいて「目標」がKGI、「手段」がCSF(Critical Success Factor,重要成功要因),「指標」がKPIと考えることができ、両者は目標達成のための指標として密接な関係にあると言えます。

この設問では「エ」が適切な組合せです。新規顧客売上高が目標として掲げられたときに、営業部門が重点的に行うべきは新規顧客の獲得です。営業部門ではKGI達成のために新規顧客訪問の計画が立てられ実行されるので、KPIにはこの活動が予定通りに実施されているかをモニタリングできる新規顧客訪問件数を設定します。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop