入出力デバイス (全12問中12問目)

No.12

接続コードを使用せずに,手元のPCから,間仕切りで隔てられた隣のパソコンへ画像ファイルを転送したい。このとき,利用できるインタフェースはどれか。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H19春期 問23

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » 入出力デバイス

正解

解説

Bluetooth(ブルートゥース)は、免許申請や使用登録の不要な2.4GHz帯の電波を用いて、数mから100m程度の距離の情報機器間で、電波を使い最大24Mbpsの無線通信を行う規格です。パソコン周辺機器の接続,ゲーム機,ハンズフリー通話,ヘッドフォンなどに幅広く普及してきています。赤外線で無線通信を行うIrDAと比較して通信間にある障害物に強いという特徴があります。
  • 正しい。
  • IEEE 1394は、AV機器やコンピュータを有線接続する高速シリアルインターフェース規格です。
  • Infrared Data Associationの略。携帯電話のアドレス帳などのデータ交換を行う場合に使用される赤外線を使って無線通信をする技術です。通信可能範囲は30cm〜2m程度とBluetoothと比較して狭く、固い壁で隔てられた場所同士の通信はできません。
  • SATA:Serial Advanced Technology Attachmentの略。コンピュータにハードディスクや光学ドライブなどを有線接続するためのインターフェース規格です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop