システムの構成 (全90問中90問目)

No.90

RAIDにおいて,信頼性向上ではなく,性能向上だけを目的としたものはどれか。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks,レイド)は、複数のディスクを組み合わせ、1つの仮想的なディスクとして扱うことで信頼性や性能を向上させる技術です。

RAIDには、次のような6つのレベルがあります。
RAID 0(ストライピング)
複数のディスクに分散してデータを書き込むことで、アクセス性能を向上させる。
RAID 1(ミラーリング)
同じデータを2台のディスクに書き込むことで信頼性を向上させる。実質記憶容量は50%となるので記憶効率は悪い。
RAID 2
データにエラー訂正用のハミング符号を付加したものをストライピングで書き込む。アクセス効率と信頼性が向上する。
RAID 3
データのエラー訂正用にパリティビットを使用し、一つのディスクをエラー訂正符号の書き込み専用とする。
RAID 4
RAID3とほぼ同じ。RAID3でビット/バイト単位だったストライピングをブロック単位で行う。
RAID 5
情報データとともにパリティビットも各ディスクに分散して書き込む方式。信頼性,アクセス性能が共に高まる。
各方式のうち、冗長化やエラー制御を伴わず性能向上だけを目的とした方式はRAID 0だけです。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop