オペレーティングシステム (全98問中1問目)

No.1

処理はすべてCPU処理である三つのジョブ A,B,C がある。それらを単独で実行したときの処理時間は,ジョブAは5分,ジョブBは10分,ジョブCは15分である。この三つのジョブを次のスケジューリング方式に基づいて同時に開始すると,ジョブBが終了するまでの経過時間はおよそ何分か。

〔スケジューリング方式〕
  • 一定時間(これをタイムクウォンタムと呼ぶ)内に処理が終了しなければ,処理を中断させて,待ち行列の最後尾へ回す。
  • 待ち行列に並んだ順に実行する。
  • タイムクウォンタムは,ジョブの処理時間に比べて十分に小さい値とする。
  • ジョブの切替え時間は考慮しないものとする。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H20秋期 問32

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

〔スケジューリング方式〕の説明から3つのジョブは同時並行的に実行されていくことがわかります。

処理時間が5分と最も短いジョブAの完了時には、ジョブBおよびジョブCも全体のうち5分間の処理を完了していることになり、開始からこの時点までの経過時間は「3ジョブ×5分で15分」となります。
さらに、ジョブA完了後は残りの2ジョブでCPUを使うことになります。先程と同様にジョブBの残り5分の処理が実行される間に同時にジョブCも5分間の処理が実行されているので、ジョブA完了後からジョブB完了までの経過時間は「2ジョブ×5分=10分」となります。

以上のことから、開始からジョブB完了までに要する時間は25分とわかります。
16.gif/image-size:346×209
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop