インタフェース設計 (全10問中2問目)

No.2

利用者が現在閲覧しているWebページに表示する,Webサイトのトップページからそのページまでの経路情報を何と呼ぶか。
  • サイトマップ
  • スクロールバー
  • ナビゲーションバー
  • パンくずリスト
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H27秋期 問24

分類

テクノロジ系 » ヒューマンインタフェース » インタフェース設計

正解

解説

パンくずリスト(Breadcrumbs list)は、比較的大規模なWebサイトで、利用者が現在どこの階層のページにいるのかをユーザに知らせ、現在位置を見失わないようにする目的で設置されるユーザインタフェース(UI)部品です。各文字列がそれぞれのページへのハイパリンクとして機能し、Webサイトのナビゲーションを補助する役割を持っています。
この「パンくずリスト」という名前は、童話「ヘンデルとグレーテル」で主人公の男の子が森で迷わないように、通った道にパンくずを置いて行った話に由来しています。

当Webサイト(PC版)の左上のタイトルロゴ下に配置されているのが、正に"パンくずリスト"です。
24.gif/image-size:482×222
  • サイトマップは、Webサイトにあるコンテンツを項目立てて一覧表示したものです。利用者がどのようなコンテンツがあるのかを素早く認識でき、目的の情報にたどり着きやすくなる利点があります。
  • スクロールバーは、ウィンドウやHTML要素のサイズに収まらないページを閲覧するために使用されるUI部品です。
  • ナビゲーションバーは、Webサイトがどのようなコンテンツがあるかを知らせ、コンテンツへの誘導を促すメニューの役割をもつUI部品です。サイト内で共通してページの固定位置に設置することで利用者を迷わせないメリットがあります。
  • 正しい。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop