インタフェース設計 (全9問中5問目)

No.5

フールプルーフに該当するものはどれか。
  • 更新の対象となるデータをコピーして保存する。
  • 入力したデータの取消し操作を行うことができるようにする。
  • メニュー画面上の使用権限のない機能は,実行できないようにする。
  • 利用者の操作内容をログとして保存する。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H15春期 問50

分類

テクノロジ系 » ヒューマンインタフェース » インタフェース設計

正解

解説

フールプルーフ(Fool Proof)は、不特定多数の人が操作するシステムに、入力データのチェックや、エラーメッセージの表示などの機能を加えることで、人為的ミスによるシステムの誤動作を防ぐように設計する考え方です。
  • システム回復のための作業です。
  • 誤操作からの回復機能です。
  • 正しい。
  • 誤作動の原因を調査するための手順です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop