インタフェース設計 (全9問中6問目)

No.6

ある業務用に開発した入力画面で,多くの利用者が誤操作していることが分かった。始めに実施する対策として適切なものはどれか。
  • 誤操作した利用者の操作記録をとり,インタビューして問題点を解析する。
  • 誤操作は慣れていないために起きることなので,利用者の習熟度を調べる。
  • 入力画面を設計した人にインタビューして,問題点を明らかにする。
  • プログラム設計書を調査して,設計上の無理がないか分析する。

分類

テクノロジ系 » ヒューマンインタフェース » インタフェース設計

正解

解説

ユーザインタフェースの問題改善のためには、まずどの部分で誤操作が発生しているかを把握することが重要です。そのために操作記録と利用者へのインタビュー、場合によっては思考発話法などを用いて問題点を解析します。

次に「利用者の習熟度」や「プログラム設計書の調査」「設計者へのインタビュー」などを行い、特定された問題点への対策を実施します。
思考発話法
実際に利用者にその操作を行ってもらい、その操作を行っている間、考えたことや感じたことを口に出してもらいながらテストを行う手法
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop