マルチメディア技術 (全28問中3問目)

No.3

W3Cで仕様が定義され,矩形や円,直線,文字列などの図形オブジェクトをXML形式で記述し,Webページでの図形描画にも使うことができる画像フォーマットはどれか。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H24秋期 問34

分類

テクノロジ系 » マルチメディア » マルチメディア技術

正解

解説

SVG(Scalable Vector Graphics)は、ベクター形式の画像やイメージ,テキストなどの2次元CGをXMLで表現するための規格です。
画像ファイルと異なりテキスト形式で記述するため、作成に専用のアプリケーションを必要とすることもありません。またJavascriptなどで記述内容を容易に操作することができるためWebページとの親和性が高く、インラインSVGをサポートするHTML5の普及に伴い今後の活用が期待されます。
25.gif/image-size:472×153
  • Open Graphics Libraryの略。Linux、FreeBSDなどのPC UNIXに加え、Windows、Mac OS X等クロスプラットフォームで使用できる2D,3DCGを扱うためのAPIです。
  • Portable Network Graphicsの略。圧縮による画質の劣化のない可逆圧縮の画像ファイルフォーマットで、GIFよりも圧縮率が高く、現在ではほぼすべてのブラウザでサポートされているためWebページの画像フォーマットとして使用されます。
  • 正しい。
  • Tagged Image File Formatの略。画像データを解像度・色数・カラーモデルなどが異なる複数の形式で1つのファイルに格納できるファイル形式です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop