マルチメディア応用 (全2問中2問目)

No.2

自然言語の解析などのために,文学作品,会話,新聞記事などの大量の文章を蓄積したテキストデータベースはどれか。なお,生の文章そのものを収集したもの,文法的情報を付加したもの,意味的情報を付加したものなど様々な形態がある。
  • アーカイブズ
  • コーパス
  • シソーラス
  • ハイパテキスト

分類

テクノロジ系 » マルチメディア » マルチメディア応用

正解

解説

  • アーカイブ(Archive)とは、保存記録のことです。複数形のアーカイブズは、文書保管を目的とした仕組みや、保管をする施設を指します。
  • 正しい。現在、コーパス言語学関連の情報の大半は、電子データ化されインターネット上で公開されています。
  • シソーラス(Thesaurus)とは、類語辞典の一種で、単語の上位/下位関係、部分/全体関係、同義関係、類義関係などによって単語を分類したものです。
  • ハイパテキスト(Hypertext)とは、複数の文書を相互に関連付け、結びつける仕組みのことです。通常のテキストを超えるという意味からhyper(〜を超えた)text(文書)と名付けられました。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop