データベース方式 (全9問中6問目)

No.6

関係データベースとオブジェクト指向データベースを比較したとき,オブジェクト指向データベースの特徴として,適切なものはどれか。
  • 実世界の情報をモデル化したクラス階層を表現でき,このクラス階層を使うことによって,データと操作を分離して扱うことができる。
  • データと手続がカプセル化され一体として扱われるので,構造的に複雑で,動作を含む対象を扱うことができる。
  • データと操作とリレーションが数学的に定義されており,プログラム言語とデータ操作言語との独立性を保つことができる。
  • リレーションが論理的なデータ構造として定義されており,非手続き的な操作言語でデータ操作を行うことができる。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース方式

正解

解説

オブジェクト指向データベースは、関係データモデルをオブジェクト指向データモデルに拡張し、オブジェクト指向プログラミングで使うオブジェクトの形式で表現される操作の定義や型の継承関係の定義を格納できるデータベースモデルです。
  • 関係データベースの特徴です。
  • 正しい。オブジェクト指向データベースの特徴です。
  • 関係データベースの特徴です。
  • 関係データベースの特徴です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop