データベース設計 (全54問中53問目)

No.53

次の表はどこまで正規化されたものか。
61.gif/image-size:349×116
  • 第2正規形
  • 第3正規形
  • 第4正規形
  • 非正規形
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H26春期 問27
  • ソフトウェア開発技術者 H19秋期 問63

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

関係データベースの表は次のような各段階を経て正規化されます。(第4正規形以降については割愛します)
第1正規形
各データにキーが設定され、属性に繰り返し項目がない状態。
第2正規形
主キーの一部だけで一意に決まる属性を別表に分離した状態(部分関数従属がない状態)
第3正規形
主キー以外の属性によって一意に決まる属性を別表に分離した状態(推移関数従属が存在しない状態)
設問の表は、属性の値として繰り返し項目がないため第1正規形を満たしています。さらに主キーは単一の属性値であり、部分関数従属が存在しないため第2正規形の条件も満たしています。
さらに、第3正規形の条件となる主キー以外の属性に一意に決まる属性がないかについて注目してみると、"職位"が決まれば"職位手当"は一意に決定されるという従属関係があることがわかります。第3正規形を満たすためにはこの関係を別表に分離しなくてはなりませんが、設問の表では分離されていないため第3正規形までは正規化が行われていないことになります。

したがって第2正規形が適切です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop