データ操作 (全50問中10問目)

No.10

"東京在庫"表と"大阪在庫"表に対して,SQL文を実行して得られる結果はどれか。ここで,実線の下線は主キーを表す。
28_1.gif/image-size:378×100
28_2.gif/image-size:275×72

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

UNION句はSELECT文の結果を1つに組み合わせる演算子です。通常のUNIONでは、2つの問合せの結果にレコードに同じものがあった場合に、重複行が削除された結果を返しますが、UNION ALLでは重複行を含めた結果を返します

"東京在庫"表と"大阪在庫"表には共通するレコード(商品コード:C003,在庫数:35)がありますが、UNION ALLで結合するので重複行がそのまま残されることになります。

したがって、重複行が結果に含まれる「エ」が適切です。ちなみにUNIONで結合した場合は「ウ」の結果が得られます。
28_3.gif/image-size:250×147
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop