データ操作 (全50問中19問目)

No.19

導出表を説明したものはどれか。
  • 実表に依存していない表のことである。
  • 実表の一部をコピーして別に保存した表である。
  • 何らかの問合せによって得られた表である。
  • 二つ以上の実表の関連である。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H20春期 問61

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

導出表は、1つ以上の基礎となる表(実表)から関係データベース操作によって作成される仮想の表です。SQLにおいては「CREATE VIEW文」で生成します。導出表は実表と異なり実際のデータを持っているわけではありません。
  • 導出表は実表を基にして作成されます。
  • 導出表は関係データベース操作によって得られる表であり、コピーではありません。
  • 正しい。
  • 単一の表からでも導出表は作成できるので、正しくは"1つ以上"です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop