データ操作 (全53問中38問目)

No.38

関係データベースのビューに関する記述のうち、適切なものはどれか。
  • ビューでは、元の表の列名を異なる名称で定義することができる。
  • ビューでは、元の表から指定した列全体を抜き出して定義するものであり、指定条件を満足する行だけを抜き出して定義することはできない。
  • 二つ以上の表の結合によって定義されたビューは、いつでも更新操作が可能である。
  • 元の表に新たな列を追加するときは、既存のビューにも影響が出るので、ビューを再定義する必要がある。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H15春期 問72

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

  • 正しい。実表では英数字で定義されている列名・表名をビューでは分かりやすい日本語に置き換えて定義することなどができます。
  • ビューは実表から特定の行・列を選択して定義することができます。
  • 2つ以上の表を結合して定義されたビューでは一部の例外を除いて更新操作を行うことができません。
  • ビューは実表をもとに定義された仮想的な表です。実表へのデータ追加が生じた場合にはビューにも自動的に反映されるため再定義の必要はありません。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop