データベース応用 (全16問中5問目)

No.5

顧客,商品,注文,販売店という四つのテーブルをスタースキーマでモデル化した場合,ファクトテーブルとなるものはどれか。
  • 顧客(顧客コード,氏名,電話番号,住所)
  • 商品(商品コード,商品名称,単価)
  • 注文(販売店コード,顧客コード,商品コード,注文年月日,数量)
  • 販売店(販売店コード,販売店名称,代表者氏名)

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース応用

正解

解説

スタースキーマは、多次元データモデルを表現するように設計されたスキーマで、データウェアハウスの実装で用いられます。スタースキーマは、1つ以上のファクトテーブルと外部キーを介して関連付けられている1つ以上のディメンションテーブルで構成され、中心となるファクトテーブルに各ディメンションテーブルが結ばれた星(スター)型構造をもつため、このように呼ばれます。
31_1.gif/image-size:303×228
選択肢の4つのテーブルのうち、ファクトテーブルとなるのは他の3つの表の外部キー(販売店コード,顧客コード,商品コード)をもつ"注文"表です。
31_2.gif/image-size:303×232
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop