通信プロトコル(全69問中49問目)

PPPに関する記述のうち,適切なものはどれか。

出典:平成20年春期 問56

  • 上位プロトコルとして使用できるのは,IPに限られている。
  • 伝送モードは半二重方式である。
  • 認証プロトコルや圧縮プロトコルが規定されている。
  • ベーシック手順を基にしたプロトコルである。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
PPP(Point-to-Point Protocol)は、電話回線を通じてコンピュータをネットワークに接続するダイヤルアップ接続でよく使われる、2点間を接続してデータ通信を行うための通信プロトコルです。
PPPでは、通信にリンク制御プロトコル(Link Control Protocol:LCP)とネットワーク制御プロトコル(Network Control Protocol:NCP)という2つの通信プロトコルを使用します。
  • TCP/IP以外の通信プロトコル(NetBEUI、AppleTalk等)とも接続できるように設計されています。
  • 伝送モードは全二重方式です。
  • 正しい。パケットのヘッダー領域を圧縮して伝送したり、PAP(Password Authentication Protocol)やCHAP(Challenge Handshake Authentication Protocol)といった認証機能を含んでいます。
  • HDLC手順をベースにしています。

Pagetop