ネットワーク管理(全11問中2問目)

スタディング 応用情報技術者講座
ONF(Open Networking Foundation)が標準化を進めているOpenFlowプロトコルを用いたSDN(Software-Defined Networking)の説明として,適切なものはどれか。

出典:令和3年春期 問35

  • 管理ステーションから定期的にネットワーク機器のMIB(Management Information Base)情報を取得して,稼働監視や性能管理を行うためのネットワーク管理手法
  • データ転送機能をもつネットワーク機器同士が経路情報を交換して,ネットワーク全体のデータ転送経路を決定する方式
  • ネットワーク制御機能とデータ転送機能を実装したソフトウェアを,仮想環境で利用するための技術
  • ネットワーク制御機能とデータ転送機能を論理的に分離し,コントローラと呼ばれるソフトウェアで,データ転送機能をもつネットワーク機器の集中制御を可能とするアーキテクチャ
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:ネットワーク管理
SDN(Software-Defined Networking)は、ソフトウェア制御によって物理的なネットワーク構成にとらわれない動的で柔軟なネットワークを実現する技術全般を意味します。

SDNを実現するための技術標準がOpenFlowプロトコルであり、既存のネットワーク機器がもつ制御処理(コントロールプレーン)と転送処理(データプレーン)を分離することで、OpenFlowコントローラが中央集権的に複数のスイッチの転送制御を管理します。OpenFlowではパケットやフレームをフローとして扱い、フローの様々な情報を使って柔軟に転送制御できるようになっています。スイッチはOpenFlowコントローラと通信を行いながら、OpenFlowコントローラから提供されるフローテーブルや直接の転送指示により転送先を判断します。
35.gif
  • SNMP(Simple Network Management Protocol)の説明です。
  • 従来のルーティングの仕組みです。
  • ネットワーク仮想化(VNF:Virtual Network Function)の説明です。
  • 正しい。SDNの説明です。

この問題の出題歴


Pagetop