データ構造(全32問中19問目)

B木に関する記述として,適切なものはどれか。

出典:平成20年秋期 問 9

  • 階層の深さが同じになるように,ノードの分割と併合を行う。
  • キー値からある関数によって,データの格納位置を求める。
  • 先頭データからの順次アクセスだけが可能である。
  • 登録簿とメンバに分かれ,メンバは順編成ファイルである。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:アルゴリズムとプログラミング
小分類:データ構造
B木は、木構造のデータ構造に分類されます。1つの節が複数の子を持つことができる多分木をベースとし、根から葉までの深さがほぼ一定であるバランス木です。

B木の変種であるB+木やB*木は,関係データベースのインデックスとして利用されます。
  • 正しい。
  • ハッシュ法の説明です。
  • 順編成ファイル(シーケンシャルファイル)のデータ構造に関する説明です。
  • 区分編成ファイルのデータ構造に関する説明です。

Pagetop