平成22年秋期試験午前問題 問55

システムの開発部門と運用部門が別々に組織化されているとき,開発から運用への移行を円滑かつ効果的に進めるための方法のうち,適切なものはどれか。

  • 運用テストの完了後に,開発部門がシステム仕様と運用方法を運用部門に説明する。
  • 運用テストは,開発部門の支援を受けずに,運用部門だけで実施する。
  • 運用部門からもシステム開発に積極的に参加し,運用性の観点から助言する。
  • 開発部門は運用テストを実施して,運用マニュアルを作成し,運用部門に引き渡す。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:サービスマネジメント
小分類:サービスの設計・移行
  • 運用テストは運用部門の主導で行いますので、システムの仕様などはテスト前に説明しておく必要があります。
  • 運用テストは運用部門が主体となって行いますが、開発部門の立会いの下で支援を受けながら行うことになります。
  • 正しい。運用部門がシステム要件定義などに参加することで、運用側の要求を意見できたり、認識の違いを埋めたりできます。開発側と運用側が共通の認識を持って進めることで、運用への移行作業が円滑に実施できます。
  • 運用テストは、運用部門の主導で行います。開発側はそれを支援する立場です。

この問題の出題歴


Pagetop