令和2年秋期試験午前問題 問48

ソフトウェア保守で修正依頼を保守のタイプに分けるとき,次のa~dに該当する保守のタイプの,適切な組合せはどれか。
48.gif

48a.gif
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:保守・廃棄
JIS X 0161によれば、システムやソフトウェアに対する保守は、その目的により、"訂正"の性質をもつ「是正保守」「予防保守」、及び"改良"の性質をもつ「適応保守」「完全化保守」の4つのタイプに大別されます。
48_1.gif
是正保守
ソフトウェア製品の引渡し後に発見された問題を訂正するために行う受身の修正
予防保守
引渡し後のソフトウェア製品の潜在的な障害が運用障害になる前に発見し、是正を行うための修正
適応保守
引渡し後、変化した又は変化している環境において、ソフトウェア製品を使用できるように保ち続けるために実施するソフトウェア製品の修正
完全化保守
引渡し後のソフトウェア製品の潜在的な障害が、故障として現れる前に、検出し訂正するための修正
※予防保守との違いは、利用者のための改良、ソフトウェア製品の性能強化、または保守性を改善するための修正という点
訂正を目的とする保守のうち、(c)発見された問題に対して行うのが是正保守、(a)潜在化しているうちに問題を訂正するのが予防保守です。また、改良を目的とする保守のうち、(d)環境の変化に合わせるために行うのが適応保守、(b)潜在的な障害を見つけ改良を行うのが完全化保守です。

したがって、a=予防保守、b=完全化保守、c=是正保守、d=適応保守である「エ」の組合せが適切です。

Pagetop