平成15年春期試験午前問題 問69

DBMSが,3層スキーマアーキテクチャを採用する目的として,適切なものはどれか。

  • 関係演算によって元の表から新たな表を導出し,それが実在しているように見せる。
  • 対話的に使われるSQL文を,アプリケーションプログラムからも使えるようにする。
  • データの物理的な格納構造を変更しても,アプリケーションプログラムに影響が及ばないようにする。
  • プログラム言語を限定して,アプリケーションプログラムとDBMSを緊密に結合する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データベース方式
3層スキーマ構造(ANSI/SPARCモデル)は、概念スキーマ、外部スキーマ、内部スキーマ の3つのグループに分けてデータ定義を行うデータベースモデルです。
概念スキーマ
データベース化対象の業務とデータの内容を論理的な構造として表現したもの。テーブルの正規化やCREATE TABLEによる表定義が概念スキーマに相当する。
外部スキーマ
データの利用者からの見方を表現したもの。SQLのビューが外部スキーマに相当する。
内部スキーマ
データを記憶装置上にどのような形式で格納するかを表現したもの。ファイル編成やインデックスの設定などが内部スキーマに相当する。
スキーマの役割は、データベースの論理的・物理的なデータ構造が変更されたときの影響をユーザやアプリケーションに与えないようにすることです。(プログラムからの独立性を保証すること)
  • ビューの目的です。
  • カーソル操作の目的です。
  • 正しい。
  • アプリケーションとDBMSを分離する目的があります。

この問題の出題歴


Pagetop