平成16年春期試験午前問題 問50

スタディング 応用情報技術者講座
ソフトウェア開発のプロセスモデルの一つであるスパイラルモデルに関する記述として,適切なものはどれか。

  • 基本的に後戻りが許されないので,要求仕様の変更に対応するには大きな工数を要する。
  • システムの部分単位に要求定義・設計・プログラミング・テストを繰り返しながら開発するので,未経験分野のシステム開発に有効である。
  • 全体の作業を幾つかのフェーズに分けて管理するので,最初から要求仕様が明白な場合に,最も効率的な方法である。
  • 要求仕様の変更のたびに機能分割と段階的な機能追加を繰り返すので,大規模システム開発に有効である。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア開発管理技術
小分類:開発プロセス・手法
この問題に対する解説はまだありません。

Pagetop