平成18年春期試験午前問題 問32

ベクトル演算速度だけが現在利用しているコンピュータの6倍のコンピュータを導入する。処理の60%がベクトル演算で残りが非ベクトル演算とし,その他の条件は何も変わらないとすると,処理速度は約何倍になるか。

  • 1.5
  • 2.0
  • 3.0
  • 4.0
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:コンピュータ構成要素
小分類:プロセッサ
導入予定のコンピュータでは全体の60%の部分を6倍の速度で演算でき、残りの40%を通常の速度で演算するので、

 0.6×1/6+0.4=0.5

もとの処理速度を"1"とした場合"0.5"の処理時間で同量の処理ができることがわかります。

"1"掛かっていた処理を"0.5"で完了できるようになるので、処理速度は現状の2倍になります。
32.gif

Pagetop