平成19年秋期試験午前問題 問21

スタディング 応用情報技術者講座
80Gバイトの磁気ディスク6台を,予備ディスク(ホットスペアディスク)1台込みのRAID5構成にした場合,実効データ容量は何Gバイトになるか。

  • 240
  • 320
  • 400
  • 480
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの構成
RAID5は、情報データともにパリティという誤り訂正符号を付加したものを複数のディスクに書き込む方式で、耐障害性、アクセスの高速化、大容量化のすべてを実現することができます。
21.gif
RAIDにおける予備ディスク(ホットスペアディスク)とは、故障したディスクの代替として使用するために用意しておくディスクです。あらかじめ通電状態で待機させておき、他のディスクに故障が発生したときには、故障したディスクを切り離して予備ディスクに故障したディスクのデータを復元し障害発生前の状態に復旧します。この問題では6台のうち1台を予備とするのでRAIDは5台で構成することになります。
パリティの容量ですが、RAIDを構成するディスク台数に関係なくパリティの保存には常にディスク1台分の容量と決まっているので、データの保存に使える実効容量はディスク4台分、すなわち「80Gバイト×4台=320Gバイト」となります。
 
したがって正解は「イ」です。

この問題の出題歴


Pagetop