平成19年秋期試験午前問題 問28

スタディング 応用情報技術者講座
UNIXの特徴のうち,適切なものはどれか。

  • 周辺装置をディレクトリ階層の中のファイルとして扱うことができる。
  • プロセス間の双方向通信を,リダイレクションという機能で提供している。
  • ユーザインタフェースは,シェルが提供するGUIであり,操作はマウスが必須である。
  • 利用できるファイルは,順編成の固定長レコード形式だけである。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア
小分類:オープンソースソフトウェア
  • 正しい。UNIXにおける周辺装置のインタフェースは通常のファイルと同じような形で提供されます。周辺装置へのインタフェースを提供するファイルをスペシャルファイル(またはデバイスファイル)といいます。
  • 複数のプロセス間で通信を実現する仕組みはパイプといいます。リダイレクションは標準入出力を切り替える機能です。
  • UNIXではキーボードでコマンドを打って操作を行うCUI(Character User Interface)がメインなので、マウスは必須ではありません。
  • ファイル編成法は無関係です。

Pagetop