平成19年秋期試験午前問題 問79

スタディング 応用情報技術者講座
世界貿易機関(WTO)の"貿易の技術的障害に関する協定"(TBT協定)が加盟国に義務付けているものはどれか。

  • 加盟国の国内規格を国際規格化する手続を定めること
  • 国際規格への適合性評価制度を加盟国自身が確立すること
  • 国内強制規格を策定する場合には国際規格を基礎として使用すること
  • ほかの加盟国が実施した適合性評価の受け入れを拒否する場合の手続を定めること
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:法務
小分類:その他の法律・ガイドライン
TBT協定は、国内で適用している規格・基準認証制度を国際規格に整合化することを義務つけています。
加盟国が「強制規格」「任意規格」「適合性評価手続」などを要する場合には国際規格を基礎とさせることで、規格が国際貿易の障害となることを防止する目的があります。

したがって適切な記述は「ウ」になります。

Pagetop