平成19年春期試験午前問題 問69

スタディング 応用情報技術者講座
ストアドプロシージャの利点はどれか。

  • 応用プログラムからネットワークを介してDBMSにアクセスする場合,両者間の通信量を減少させる。
  • 応用プログラムから一連の要求を一括して処理することによって,DBMS内のアクセスパスの数を減少させる。
  • 応用プログラムからの一連の要求を一括して処理することによって,DBMS内の必要バッファ数を減少させる。
  • データが格納されているディスク装置へのI/O回数を減少させる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの構成
ストアドプロシージャ(stored procedure)は、データベースに対する一連の処理をまとめた手続きにして、データベース管理システムに保存したものです。利用者は通常のクエリを発行する代わりに、データベース管理システム内の手続きを呼び出すことによって目的の処理を実行させることができます。
クライアントからサーバに対してのストアドプロシージャ1回の要求で、データベースに複数のクエリを発行することができるので、クライアントから直に同数のクエリを発行する場合と比較して、クライアント-サーバ間のネットワーク負荷の軽減が期待できます。

したがって適切な記述は「ア」です。クライアントからストアドプロシージャが発行されても、DBMSがデータベースに発行するクエリ数が減るわけではないため、その他の選択肢は不適切となります。

この問題の出題歴


Pagetop