平成21年秋期試験午前問題 問35

スタディング 応用情報技術者講座
伝送速度64kビット/秒の回線を使ってデータを連続送信したとき,平均して100秒に1回の1ビット誤りが発生した。この回線のビット誤り率は幾らか。

  • 1.95×10-8
  • 1.56×10-7
  • 1.95×10-5
  • 1.56×10-4
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:ネットワーク方式
64kビット/秒の回線で、100秒間データを転送したということは転送したデータの合計サイズは、
 64,000×100 =6,400,000ビット
になります。

6,400,000ビットに1回だけ1ビットの誤りが発生したので、誤り発生率は、

 1÷6,400,000=0.00000015625

となり、これを浮動小数点形式で表すと、1.56×10-7となります。

この問題の出題歴


Pagetop