平成21年秋期試験午前問題 問54

プレゼンテーションの目的に合ったグラフの使い方の記述のうち,適切なものはどれか。

  • Zグラフを利用して,一定期間の売上実績や業績傾向を表示する。
  • 円グラフを利用して,作業予定に対する実績の進捗の度合いを表示する。
  • 折れ線グラフを利用して,複数の評価項目に基づく製品の優劣を表示する。
  • 散布図を利用して,製品に対する各社の市場優先率を表示する。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:プロジェクトのコミュニケーション
Zグラフは、主に売上の推移などを見るのに使われる折れ線グラフの一種で、月々の売上、売上累計、移動年計の3つの折れ線グラフを1つのグラフで表したものです。
3つの折れ線グラフを、結んだ形状がアルファベットの「Z」に見えることからZグラフと呼ばれています。
54.gif
  • 正しい。
  • 作業予定に対する実際の進捗の度合いを表示するには,ガントチャートが適しています。
  • 複数の評価項目に基づく製品の機能の優劣を表示するには,レーダチャートが適しています。
  • 製品に対する各社の市場優先率を表示するには,円グラフが適しています。

この問題の出題歴


Pagetop