平成23年秋期試験午前問題 問11

スタディング 応用情報技術者講座
プロセッサにデータを読み込むときにキャッシュメモリにヒットしなかった場合,キャッシュメモリ制御装置が行う動作はどれか。

  • キャッシュメモリから所要のデータをブロック転送し,磁気ディスクに書き込む。
  • 磁気ディスクから所要のデータをブロック転送し,キャッシュメモリに読み込む。
  • 主記憶から所要のデータをブロック転送し,キャッシュメモリに読み込む。
  • ディスクキャッシュから所要のデータをブロック転送し,主記憶に読み込む。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:コンピュータ構成要素
小分類:メモリ
キャッシュメモリに読み込む対象のデータがない場合は、主記憶にデータが存在することになります。この際、直接CPUが主記憶から読み込むのではなく、一度主記憶からキャッシュメモリに所要データを転送をし、CPUはキャッシュメモリから読み込みます。これは一度参照されたデータは、近い将来再度参照される可能性が高いからです。

この問題の出題歴


Pagetop