平成23年秋期試験午前問題 問2

式A+B×Cの逆ポーランド表記法による表現として,適切なものはどれか。

  • +×CBA
  • ×+ABC
  • ABC×+
  • CBA+×
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:基礎理論
小分類:情報に関する理論
逆ポーランド表記法(後置表記法)は、演算子を被演算子の右側に記述する表記法です。

通常の式を逆ポーランド表記法で表現するための基本は、「A+B」を「AB+」に変換することです。この変換を、1度変換が完了した部分を1つの項とみなすことに注意しながら、普通に計算式を解くのと同じ順番で行っていくことで逆ポーランド表記法の式になります。なお、変換を行う優先順位は通常の計算式と同様に、括弧内"()"→積商算(×÷)→和差算(+-) の順番です。

最初に「B×C」の部分を変換します。
 A+B×C → A+BC×

次に「BC×」を1つの項とみなして「A」との+演算部分を変換します。
 ABC× → ABC×+

以上で式A+B×Cの逆ポーランド表記法への変換が完了します。よって正解は「ウ」です。

この問題の出題歴


Pagetop