平成23年秋期試験午前問題 問48

共通フレーム2007の妥当性確認プロセスで実施する,負荷テストはどれか。

  • 既存のシステムを新規システムに置き換えるときに,以前と同様に正しくデータの処理ができるかどうかをテストする。
  • 想定している単位時間当たりの最大件数のデータを入力したときに,意図したとおりに処理できるかどうかをテストする。
  • ソフトウェアが,複数の異なるシステム構成の上で正常に動作するかどうかをテストする。
  • 利用者がシステムをスムーズに操作できるかどうかをテストする。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:システム結合・適格性テスト
妥当性確認プロセスでは、システムテストを実施し、開発したシステムが要件を満たしているかを様々な角度から確認します。
システムテストで実施されるテスト項目には、機能テスト,性能テスト,操作性テスト,障害回復テスト,負荷テスト,耐久テスト,例外テスト,退行テスト,侵入テストなどがあります。

負荷テストは、ラッシュテストとも呼ばれ、システムに実際に予想される負荷、またはより大きな負荷がかかった場合の性能や機能をチェックするテストです。
  • 退行テスト(リグレッションテスト)の説明です。
  • 正しい。負荷テストの説明です。
  • 機能テストの説明です。
  • 操作性テストの説明です。

Pagetop