平成23年特別試験午前問題 問74

キャッシュフロー計算書において,営業活動によるキャッシュフローに該当するものはどれか。

  • 株式の発行による収入
  • 商品の仕入れによる支出
  • 短期借入金の返済による支出
  • 有形固定資産の売却による収入
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:会計・財務
キャッシュフロー計算書は、日本の会計基準における財務諸表であり、一会計期間における資金(現金及び現金同等物)の増減、つまり収入と支出を、営業活動・投資活動・財務活動に区分して表示する会計書類です。現金の流入出を示すので、キャッシュフロー計算書と呼ばれます。
営業活動によるキャッシュフロー
商品・サービスの販売による収入や仕入・管理による支出など、企業の本業に係る事項を記載する区分
投資活動によるキャッシュフロー
固定資産の取得・売却、有価証券の取得売却など、企業が行った投資活動に係る事項を記載する区分
財務活動によるキャッシュフロー
株式や社債の発行、自己株式の取得、社債の償還および借入金の返済および支払利息など、資金調達や返済に係る項目を記載する区分
これを踏まえて各事項を分類すると、
  • 財務活動によるキャッシュフローに該当します。
  • 正しい。営業活動によるキャッシュフローに該当します。
  • 財務活動によるキャッシュフローに該当します。
  • 投資活動によるキャッシュフローに該当します。

この問題の出題歴


Pagetop