平成26年春期試験午前問題 問31

レイヤ2のスイッチングハブの機能として,適切なものはどれか。

  • IPアドレスを解析することによって,データを中継するか破棄するかを判断する。
  • MACアドレスを解析することによって,必要なLANポートにデータを流す。
  • OSI基本参照モデルの物理層において,ネットワークを延長する。
  • 互いが直接,通信ができないトランスポート層以上の二つの異なるプロトコルの翻訳作業を行い,通信ができるようにする。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:データ通信と制御
スイッチングハブ(レイヤ2スイッチ)は、受信したデータの宛先MACアドレスを見て、その宛先と接続されたLANポートのみにデータを流すネットワーク機器です。

スイッチングハブは、LANポートとMACアドレスの関係が登録されたMACアドレステーブルを内部に持っています。データを受信した際には、このMACアドレステーブルを見ることで適切なLANポートから送出できる仕組みになっています。受信したデータの宛先MACアドレスがMACアドレステーブルに登録されていない場合や、ブロードキャストフレームを受信したときには、機器内部でデータをコピーして受信ポート以外の全LANポートから送出(フラッティング)します。
  • ルータの機能です。
  • 正しい。スイッチングハブの機能です。
  • リピータの機能です。
  • ゲートウェイの機能です。

この問題の出題歴


Pagetop