平成26年春期試験問題 午前問55

ITサービスマネジメントにおける回避策(ワークアラウンド)の説明として,適切なものはどれか。

  • インシデント対応手順として採られる,サービスへの影響を低減又は除去する方法のこと
  • 検出したイベントを情報,警告又は例外のカテゴリに分類すること
  • 特定の期間に発生したインシデントや問題に対して,影響を受けた人数,停止時間の長さなどを考慮に入れて事業への影響を分析すること
  • 特定のサービス又は作業負荷をピーク時間外の時間帯に移動させて,作業負荷の平準化を図ること
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:サービスマネジメント
小分類:サービスマネジメント
解説
ワークアラウンド(Workaround)は、インシデント発生時の回復策のことで、完全な解決策がまだ存在しないインシデントや問題の悪影響を低減または排除するために策定されます。
問題やエラーコードごとのワークアラウンドを用意することで、業務の停止時間を最小限に抑えることができます。

したがって「ア」が適切です。
  • 正しい。ワークアラウンドの説明です。
  • イベント管理の説明です。
  • 痛みの値分析の説明です。
  • 需要管理の説明です。

Pagetop