平成27年秋期試験午前問題 問28

関係R(A,B,C,D,E,F)において,次の関数従属が成立するとき,候補キーとなるのはどれか。

〔関数従属〕
A→B,A→F,B→C,C→D,{B,C}→E,{C,F}→A

  • B
  • {B,C}
  • {B,F}
  • {B,D,E}
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データベース設計
候補キー(Candidate Key)は、主キーの候補となるキーのことで、表の中の1つのレコードを特定できる性質を持つ属性、または属性の組合せです。

設問の関数従属を整理すると以下のようになります。
28_1.gif
選択肢の属性を用いることで全ての属性が一意に決定されるかを考えます。
  • AとFが決定されません。
  • AとFが決定されません。
  • 正しい。全ての属性が一意に定まります。以下のように関係を並べ換えると一目瞭然です。
    28_2.gif
  • AとFが決定されません。
なお、Aが決定されると他の全ての属性が決定されるのでAも候補キーです。

Pagetop