平成31年春期試験午前問題 問57

システム開発委託先(受託者)から委託元(委託者)に納品される成果物に対するユーザ受入テストの適切性を確かめるためのシステム監査の要点はどれか。

  • 委託者が作成したユーザ受入テスト計画書に従って,受託者が成果物に対してユーザ受入テストを実施していること
  • 受託者が成果物と一緒にユーザ受入テスト計画書を納品していること
  • 受託者から納品された成果物に対して,委託者が要件定義に基づきユーザ受入テストを実施していること
  • 受託者から納品された成果物に対して,監査人がユーザ受入テスト計画を策定していること
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:システム監査
小分類:システム監査
委託先から納品された成果物に対する受入テストは、「委託元によって作成されたテスト計画をもとに委託元でが実施している」ことが重要です。受入テストに受託側が関与すると、受入テストの適切性・公平性が損なわれ、成果物の不具合を(意図的に)見逃してしまうリスクがあるからです。
  • 受託側で受入テストが行われており不適切です。
  • 受入テスト計画は委託元が作成します。
  • 正しい。
  • 監査人が受入テスト計画を策定することはありません。

この問題の出題歴


Pagetop