平成31年春期試験午前問題 問66

サブスクリプション方式のソフトウェア調達はどれか。

  • ERPソフトウェアの利用人数分の永続使用ライセンスをイニシャルコストとして購入し,必要に応じてライセンスを追加購入する。
  • 新しいOS上で動作する最新バージョンのソフトウェアパッケージを販売代理店から購入する。
  • 新規開発した業務システムのソフトウェア開発費を無形固定資産として計上して,自社で利用する。
  • ベンダが提供するソフトウェアを,利用料金を支払うことによって一定期間の利用権を得て利用する。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:システム企画
小分類:調達計画・実施
サブスクリプション(Subscription)とは、ソフトウェアやサービスの料金形態の一種で、従来のようにソフトウェア自体を一括して買い取るのではなく、ソフトウェアの使用権を借り、その利用期間に応じて使用料が発生する方式です。一般的には1年単位や1カ月単位の課金となっていることが多くなっています。利用者にとっては初期費用が掛からず、不要になったらいつでも契約解除できる利点があります。サブスクリプションは英語で「購読」の意味があります。

月額固定料金で音楽や動画が利用し放題のサービスや、月額課金で購読できる新聞社のWebサイト、月額課金のオンラインストレージ、PhotoShopで有名なAdobe社のCreative Cloudなどが代表的な事例です。

サブスクリプションは、ソフトウェアを買い取るのではなく使用期間ごとの利用権に料金を支払う形態ですので「エ」が該当します。

Pagetop