平成18年秋期試験午前問題 問22

グリッドコンピューティングを説明したものはどれか。

  • OSを実行するプロセッサ,アプリケーションを実行するプロセッサというように,それぞれの役割が決定されている複数のプロセッサによって処理を分散する方式である。
  • PCから大型コンピュータまで,ネットワーク上にある複数のプロセッサに処理を分散する方式である。
  • カーネルプロセスとユーザプロセスとの区別がなく,複数のプロセッサが基本的に同等なものとして振る舞うことができる処理方式である。
  • プロセッサ上でスレッド(プログラムの実行単位)レベルの並列化を実現し,プロセッサの利用効率を高める方式である。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの構成
グリッドコンピューティングは、インターネットなどのネットワーク上にある計算資源(CPUなどの計算能力や、ハードディスクなどの情報格納領域)を結びつけ、ひとつの仮想的なコンピュータシステムとしてサービスを提供する仕組みです。
統合されるコンピュータ数によっては、スーパーコンピュータ並まで処理性能を高めることも可能となります。
  • 非対称型マルチプロセッサシステムに関する記述です。
  • 正しい。グリッドコンピューティングに関する記述です。
  • 対称型マルチプロセッサシステムに関する記述です。
  • マルチスレッド関する記述です。

この問題の出題歴


Pagetop