平成18年春期試験午前問題 問23

ほとんどのプログラムの大きさがページサイズの半分以下のシステムにおいて,ページサイズを半分にしたときに予想されるものはどれか。ここで,このシステムは主記憶が不足しがちで,多重度やスループットなどはシステム性能の限界で運用しているものとする。

  • ページインの回数が増大するので,システム性能が低下する。
  • ページ数が増加するので,領域管理などのオーバヘッドが減少する。
  • ページ内に余裕がなくなるので,ページ置換えによってシステム性能が低下する。
  • ページ内の無駄な空き領域が減少するので,主記憶不足が緩和される。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア
小分類:オペレーティングシステム
ページングは、主記憶を効率よく管理することを目的とした仮想記憶管理方法で、仮想アドレス空間と主記憶をページという固定長の区画に分割し、ページ単位でアドレス変換を行います。

ほとんどのプログラムがページサイズの半分以下ということは、固定長のページ内に使われていない空き領域が存在していることを示しています。ページサイズを半分にすることでこの空き領域を圧縮し、主記憶の利用率を高めることで主記憶不足が緩和される効果が期待できます。
  • ほとんどのプログラムはページサイズの半分以下であるので、ページイン・ページアウト回数がそれほど増加することはなく、システム性能への影響は小さいと考えられます。
  • ページサイズが小さくなりページ数が増加する分だけオーバーヘッドは増加します。
  • ほとんどのプログラムはページサイズの半分以下で、大半は1つのページ内に収まります。よってシステム性能への影響は小さいと考えられます。
  • 正しい。

この問題の出題歴


Pagetop