平成19年秋期試験午前問題 問23

スタディング 応用情報技術者講座
ページング方式の仮想記憶においてアドレスを変換する処理を順に並べたものはどれか。ここで,処理A~Fは次のとおりである。
  1. アクセス対象の仮想記憶アドレスに対応するページテーブルの先頭アドレスを得る。
  2. アクセス対象の主記憶アドレスに対応するページテーブルの先頭アドレスを得る。
  3. ページテーブルを検索し,該当ページの状態を調べる。
  4. ページ内変位を加えて,求める仮想記憶アドレスを得る。
  5. ページ内変位を加えて,求める主記憶アドレスを得る。
  6. ページフォールトならばページイン処理を行う。

  • A,C,E,F
  • A,C,F,E
  • B,C,D,F
  • B,C,F,D
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア
小分類:オペレーティングシステム
仮想アドレスは、ページ番号とページ内変位(ページ内の位置)から構成されていて、実アドレスへの変換はページテーブルというアドレス対応表を用いて次の手順で行われます。
  1. 仮想アドレスから、ページテーブル内の対象ページの先頭アドレスを得る
  2. ページテーブルのページ情報に設定されているフラグ(ページフォールトビット)を見て、対象ページが主記憶に存在しているかを知る
  3. ページフォールトであればページイン処理を行う
  4. ページテーブルから対象ページの主記憶上の位置を取得し、それに仮想アドレスのページ内変位を加えて求める主記憶上のアドレスを得る
適切な処理順序になっているのは「A,C,F,E」です。

Pagetop