平成19年秋期試験午前問題 問24

スタディング 応用情報技術者講座
主記憶へのアクセスを1命令当たり平均2回行い,ページフォールトが発生すると1回当たり40ミリ秒のオーバヘッドを伴うシステムがある。ページフォールトによる命令実行の遅れを1命令当たり平均0.4マイクロ秒以下にするために許容できるページフォールト発生率は最大幾らか。ここで,ほかのオーバヘッドは考慮しないものとする。

  • 5×10-6
  • 1×10-5
  • 5×10-5
  • 1×10-4
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア
小分類:オペレーティングシステム
仮に、1命令における2回の主記憶へのアクセスの両方でページフォールトが発生した(発生率100%だった)とすると、命令実行の遅れは80ミリ秒になります。この時間を0.4マイクロ秒以下にしたいので、次のような式を立てて条件を満たす発生率(n)を計算します。

 80ミリ秒×n≦0.4マイクロ秒
 80×10-3×n≦0.4×10-6
 n≦0.4×10-6÷80×10-3
 n≦(0.4÷80)×10-3
 n≦0.005×10-3=5×10-6

上記の計算から、ページフォールト発生率(n)は5×10-6以下にすればよいとわかります。したがって「ア」が正解です。

この問題の出題歴


Pagetop