平成20年秋期試験午前問題 問35

システムの信頼性設計に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • フェールセーフとは,ユーザの誤操作によってシステムがダウンしてしまうことのないように,単純なミスを発生させないようにする設計方法である。
  • フェールソフトとは,故障が発生した場合でも機能を縮退させることなく稼動を継続する概念である。
  • フォールトアボイダンスとは,システム構成要素の個々の品質を高めて故障が発生しないようにする概念である。
  • フォールトトレランスとは,故障が生じてもシステムに重大な影響が出ないように,あらかじめ定められた安全状態にシステムを固定し,全体として安全が維持されるような設計手法である。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの構成
  • フールプルーフの説明です。
  • フォールトトレランスの説明です。フェールソフトは、障害が発生した時に、多少の機能制限や性能低下を許容し、システム全体の運転継続に必要な機能を維持しようする設計方針です。
  • 正しい。フォールトアボイダンス(Fault Avoidance)は、システムを構成する要素を稼働率が高いものなど信頼性の高いものに取り換えることで、故障の発生確率自体を低下させ、システム全体の信頼性を向上させようという考え方です。
  • フェールセーフの説明です。

この問題の出題歴


Pagetop